廣美塗装日記

半分外れた「塗装日記」、ひび感じた徒然を、"ざっくばらん"に書き綴ります。
No  53

めだかの卵

二年以上前になるか・・・自動車整備工場 (平岡自動車) を経営している友人から、「メダカ飼ってみるかい・・・?」と言われ、何匹か貰って来て自宅で飼い始めた。

彼は、整備工場の脇に置いてある水槽や、畑の側溝などで相当な数のメダカを飼っている・・・??勝手居る・・・?
別の水槽に卵を移しては、孵化させて増やし顧客や知人にあげている。

貰った私はと言うと、一度も卵を産ませた事も無く、そのうちに一匹・・二匹・・と死んで最後は・・・全滅。

しかし、一度飼い始めた以上は卵を孵してみたい・・・そんな思いから又、貰ってきては・・・・結局全滅・・・の繰り返し・・・(*_*;

「何が悪いんやろ・・・水が合わんのかなぁ・・・」 彼に聞くと 「かまい過ぎとちゃうか・・・?」「放っといたら勝手に産卵するけどなぁ」 と言われた・・・

確かに、水の濁りが気になれば綺麗と実感するぐらいまで交換してしまう、餌もメダカに与えるには多すぎた
第一、観賞用の水槽で屋内に置けば、卵は産みにくいらしい。

「めだかを観賞したいのか?孵化させて喜ぶのか?目的に応じた飼い方せなあかん」

彼の助言に従い、今は発泡スチロールの箱で飼っている、
水も減ったら、足すくらいにして交換はしない様にしている。

だから、この時期になると水が汚れて、メダカの様子はほとんど分らない・・・餌をやる時だけ水面に姿を現す程度だった。

めだか 007 めだか 008


それが今日、何か水面に小さく動くものを発見・・・よくよく見ると、産まれたばかりのメダカが、何匹も確認された。
(写真右だが、小さ過ぎて分らない・・・ピントも合っていない・・・スンマセン)

やったぁ!!・・・初めて孵す事が出来た!!・・・いや、勝手に孵った・・・??

彼が、いとも簡単にこなしていた事に、二年以上もかかってしまったが、やっと自分の飼っているメダカが、たとえ知らない間にとは言え、無事孵った事に・・・感激。

貰ったものとは何か違う、愛着で1mm程度のメダカに、暫らく見とれていた・・・やっぱり
・・・・・感激・・・・・


・・・・ちなみに・・・・

彼・・・平岡自動車は、メダカの飼育ばかりではなく、自動車整備も勿論・・・・
親切・丁寧・安価で好評・・・中飯降のちょっと奥の方にあるが、工場の広さに驚く人も多い・・・と、ちょっとPR  (なにせ同級生だから)




別窓 | ちょっとした事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<工事と写真で | 廣美塗装日記 | 梅雨に入ると・・・>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 廣美塗装日記 |