廣美塗装日記

半分外れた「塗装日記」、ひび感じた徒然を、"ざっくばらん"に書き綴ります。
No  233

餅は餅屋

雨模様の月曜日、某食品工場の従業員からTEL
「 床の塗装が剥げてきたので塗り替えていたら、前の塗装が浮き上がって・・・」
「 何とかする方法、無いかなぁ 」  で、行ってみると・・・ 

コンクリート床塗装補修 コンクリート床塗装補修 (1)
パンや餅・学校給食などを作っているので衛生上、コンクリートの床が塗装されている

「夏休みで給食が停止している間に、同じ塗料を仕入れて塗装してくれ」と、社長に言われ「剥げた所を塗るだけなら世話ない」 と始めたものの・・・旧塗膜がキクラゲ状態に

コンクリート床塗装補修 (4) コンクリート床塗修 (3)

材料を見たところ、旧塗膜に影響を与えにくい弱溶剤塗料で問題ないはず

考えられる原因は・・・改修工事の時
 工期が無くコンクリートを打った後、乾燥不足で塗装したのか?
 下地プライマーの処理が悪かったのか?、2液の混合割合が悪かったのか?
 全面を塗装した為、湿気の逃げ道が無く塗装を押し上げたのか?
いずれにしろ、塗装の殆どが素地に密着していない、その上から希釈していない塗料を厚く塗ったものだから、乾燥するまでの間に旧塗膜がフニャフニャに

 コンクリート床塗装補修 (2) コンクリート床塗装補修 (5)

とにかく、乾くの待って浮いた塗膜を取り除く事、
そして塗料を適当な粘度に希釈して塗装、扇風機を利用して少しでも早く乾かすしかない

その作業を見ていた社長が 「 もう他の場所の塗装は任そうかな 」 と・・・
「 餅は餅屋 」 と言うが、餅屋がペンキ塗ったらこうなった、ペンキはペンキ屋にお願いします・・・で

昨日、今日の2日間で給食施設の床全部
コンクリート床塗装補修 (6) コンクリート床塗装補修 (7)
本来なら旧塗膜を全部剥して塗り直した方が良いのだが・・・相当費用は掛かるし、埃を嫌う設備もたくさん有るしで、また剥がれたら塗るという方向で、タッチアップ完了

-----------------------------------------------
伊都郡・橋本市・高野町・かつらぎ町・紀ノ川市の塗装はお任せ下さい。
局所的な塗装から大規模な塗り替えまで。【見積もり無料ご相談おうけいたします。】

町の塗装屋さん 「 廣美塗装 」
住所  : 〒649-7121 和歌山県伊都郡かつらぎ町丁ノ町1358-3
TEL/FAX : 0736-22-6633
Mail  : hiromitosou@gmail.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
にほんブログ村 

別窓 | 仕事中 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<自転車が4台に・・・ | 廣美塗装日記 | 紀ノ川クリーン活動で・・・>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 廣美塗装日記 |