廣美塗装日記

半分外れた「塗装日記」、ひび感じた徒然を、"ざっくばらん"に書き綴ります。
No  204

奇々怪々?

息子の事である・・・
彼の短所なのか長所なのかよく判らないが
物をよく失くす・・・が、何故か戻ってくる

私の知る限りでは、財布・携帯電話・自転車・カバン
財布は駅か電車で落としたらしいが数日後、拾得物として届けてくれて戻ってきた

携帯電話はバイクで走行中に落としたらしいが、
それを拾った道路工事の警備員が警察に届けるつもりで現場事務所に保管
後日、息子が探しながら尋ねた人が、たまたまその同僚だったとかで、戻ってきた

しかしドジな奴で、同じ状況でもう一度落として、今度は戻って来なかった
自転車も駅の駐輪所に置いてたが、帰る時に見当たらず今のところ戻ってこない

ただ、5割の確率で戻ってくるのには感心する
中でも特に驚いたのはカバンである・・・

結論から言うと、4月に落としたカバンが・・・今月戻ってきたのである
しかも、色んな拾得物を見てきたであろう警察官ですら首を傾げる状態で・・・

4月のある日、バイト代が入った息子は外食する為、岩出の「すき家」で友人と待ち合わせ・・・例によってバイクで先に到着した息子は駐車場で待っていたらしい・・・全員揃ったところで店内へ
暫らくして手元にカバンが無い事に気付いた 「 駐車場に置きっぱなし 」 
慌てて探しに行ったが、見当たらない・・・誰かが持ち去った

カバンの中には、3万ちょいの現金、免許証、保険証、クレジットカード、テキスト本、等
ここから想像できる事は
   ● 現金だけ抜き取ってカバンは捨てられる
   ● カードで高額の買物をされる
   ● 免許証や保険証を悪用される
それが通常の考えだろう

ところが先日警察からの電話では、「和歌山市内で拾得物として届けられたのが、息子さんが岩出で紛失届けを出したカバンと一致したので返却します、ただちょっと解せんところがあるので本人に確認したいのですが」
息子は学会で不在だった為、私が話しを聞くと・・・

届けられたカバンの中身は紛失届けの内容とまったく同じ
半年以上経って、岩出から和歌山まで移動はしているものの
免許証やカード、現金まで何一つ無くなっていない

本の状態を見ると雨に濡れた様子もない 
カバン (1) カバン
                    変わったところは肩掛けベルトが切れてるくらい

つまり、誰かが岩出の「すき家」で拾ってそのまま所持し、
手付かずのまま今月になって和歌山市内に放置したことのなる

無事、戻って来たのは有り難い事だが・・・なんか不気味
あのカバン8ヶ月の間、どんな旅をしてきたのだろう

-----------------------------------------------
伊都郡・橋本市・高野町・かつらぎ町・紀ノ川市の塗装はお任せ下さい。
局所的な塗装から大規模な塗り替えまで。【見積もり無料ご相談おうけいたします。】

町の塗装屋さん 「 廣美塗装 」
住所  : 〒649-7121 和歌山県伊都郡かつらぎ町丁ノ町1358-3
TEL/FAX : 0736-22-6633
Mail  : hiromitosou@gmail.com

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村

別窓 | ちょっとした事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<今年もやっぱり・・・ | 廣美塗装日記 | 賽銭箱を・・・>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 廣美塗装日記 |