廣美塗装日記

半分外れた「塗装日記」、ひび感じた徒然を、"ざっくばらん"に書き綴ります。
No  151

幸運の干し柿

丁ノ町村おこしの会、二年目の「 干し柿 」 作り

先月20日(余計な事だが私の誕生日)に、柿の皮を剥いて
風通しの良い、山上に干しに行く ところまでを行った

村おこしの会、会長・副会長が用意してくれた、平核無柿の皮を剥いて
皮むき 皮むき (1)

特殊なピンで 紐を掛けコンテナに
紐掛け 紐掛け (1)

ここまでの作業は児童館で行い、出来た分から軽トラックに積み込んで
片道10分程の、風通しも見晴らしも良い、山上までピストン輸送
運搬 運搬 (1) 

そこで殺菌の為、湯煎した後、干し場に吊るす
湯煎 湯煎 (1)
吊るし 吊るし (1)


そして、約一ヶ月後

柿の状態を見て、今月23日(祝)に取り入れ
乾燥後 乾燥後 (1)

集会所に持ち込んで、パック詰め
パック詰 パック詰 (1)

表には去年同様、柿の加工班 副班長の女性が
「 幸運の干し柿 」 と名付け作成してくれた ラベルを貼って
完成品 完成品 (1)

現在のところは、区内すべてのお宅と
この事業 (水土里のむら機能再生支援事業) を推進している
県や町の関係者に贈っているだけだが
今後は・・・販売も考え
せめて経費を補うくらいの収益を・・・そして、いずれは地域の産業にまで・・・が目標
別窓 | ボランティア・区内時事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<新年ご挨拶 | 廣美塗装日記 | 二本のシンボル>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 廣美塗装日記 |