廣美塗装日記

半分外れた「塗装日記」、ひび感じた徒然を、"ざっくばらん"に書き綴ります。
No  150

二本のシンボル

児童館のにある大きな木

1本は、昔から子ども会の名前にも使われるほど親しまれている 「 いちょうの木 」
もう1本は、その 「 いちょうの木 」 よりも目立つ存在の 「 桜の老木 」
児童館の木 (6) 児童館の木 (1)

その2本の木が 「 大きくなり過ぎてる、枝を払ってもうすこし小振りしろ 」 と区長の指示

「 いちょうを切るのは良いけど桜を切るのは、ちょっと・・・ 」 と返事すると
「 桜切る馬鹿って言うけど、伸び過ぎたら切らなあかんのや 」 って言われて、結局
区役員に手伝ってもらって剪定

みんな 「 バ~カ 」 って言われるぞぉ~・・・

こうなりゃ

「 同じ馬鹿なら、切らなきゃ損々 」 で桜が怖い分、いちょうの木はバッサリ
いちょうの木 (1) 桜の木

ここまで切っても大丈夫?・・・またすぐに伸びるらしい、それより桜が心配
忙しさで作業風景を撮るの忘れたのは 残念


そして、その桜にはイルミネーション 

今日、児童館の大掃除と平行して取り付けたけど、購入した半分を使って
子どもらにフェンスを飾ってもらったので、桜の方はチョット寂しいかも

とにかく今回も、メリークリスマス・謹賀新年を過ぎて 「 えべっさん 」 くらいまで点灯するでしょう?

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<幸運の干し柿 | 廣美塗装日記 | こんな屋根塗装 2>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 廣美塗装日記 |