廣美塗装日記

半分外れた「塗装日記」、ひび感じた徒然を、"ざっくばらん"に書き綴ります。
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  180

看板に偽りあり

ある日の事
仕事から帰ってガレージで片付けをしていた時

前の道を通過した箱バンが、交差点を過ぎた所で停車
エンジンはかかったままハザードランプを点けて、降りてきた運転手は歩いて何処かへ

箱バン
チョット離れるだけかと思ったら、なかなか帰って来ない

この交差点、道幅の割りに通行量が多く、けっこう事故が多い 「 あわや! 」 という事なら頻繁に起こっている
この辺りに駐車する人も少なくはないが、こんな止め方を見たのは初めて・・・

それに気になったのは、車の横に書かれた文字・・・これってどう  矛盾???
箱バン (1) 箱バン (2)

「 交通安全にも貢献してます 」 と公言している事業所の職員が・・・カッコ悪るぅ~ 

今度見たら、モザイク消したろ 


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  179

蓮池太鼓橋落慶式

6月20日、台風4号は過ぎ去ったが、まだ雨は残ってる
今日は太鼓橋の落慶式
降雨を願って祀られた「 龍王さま 」 だけに、起工式の日も雨模様だった 

落慶式 太鼓橋架け替え (8)
「 雨降るのは、龍王さまが喜んでいるから 」 とお話しを聞いた事がある

10時半からの式典の前に、橋を綺麗に拭いておきたいので早めに出ようとした時に、自宅の塀に何か付いてるのを見つけた、近寄って見ると羽化したばかりのトンボである 
初めて見る光景に 「 新しい事が始まる 」「 なんかいい事ありそう 」 
なぜかそんな気がした  

6月20日 6月20日 (1)
カメラを近づけても、まだ飛ぶ事が出来ないみたい  さすがに夕方に飛び立っていた
種類を調べたら・・・これに よく似てるけど、違うかな 

小雨降る中、式典の準備、せかっく拭いた橋も又濡れてしまった
6月20日 (2) 6月20日 (3)
                          座主様の後姿をこっそり撮影 

金剛峯寺や伽藍の関係者は写真撮ってるけど、参列者でカメラ持ってるのは私だけか
6月20日 (4) 6月20日 (5)
「 渡り初め 」 も後ろから・・・ お社の前で振り向かれた時、思い切ってシャッター押したら・・・アララ~
「 お前如きが座主猊下の御姿を写真に撮るなどもってのほか 」 と、善女龍王さまが・・・

そして・そして、朝の予感があたったのか、有難い事が 
座主様より直々に感謝状を頂いた、予想もしていなかったのと、名立たるご住職方々が居られる中、座主様の御前に初めて立つ緊張感は半端じゃない
経験した事ないけど多分、総理大臣の前に立つより緊張したかも   例えが変?

6月20日 (6) 6月20日 (7)
頂いた感謝状と記念品 これを本当に「 有難い 」と思えるのは、数年後の太鼓橋の姿を見てからかも 



別窓 | 太鼓橋塗装工事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  178

第5回広場まつり

町財政難により経費削減の為、使用中止になった町内8ヶ所のプール、
唯一丁ノ町児童館横プールだけは区長さんの働きかけにより、埋立て広場として利用できるようにして頂いた。
その事に感謝し、有効に利用するという目的の為、始めた「 広場まつり 」 

早いもので、今年で5年目になる
この行事に「 日頃、こども会行事に参加しない、父親にも参加してもらおう 」 と決めた日程が「 父の日 」

6月の第3日曜日、梅雨のど真ん中で、毎年天気に心配させられる
今年も前日は大雨、当日早朝まで雨は続いていた、

買物はすでに済ませてるので、途中で降るのは覚悟のスタートである
広場まつり 001 広場まつり 006

メインは「 こども会 」 によるゲーム大会
数種類のゲームを、順番に廻って最後に得点集計、表彰となるみたい
広場まつり 016 広場まつり 036

昼食は、恒例の「 焼肉 」・・・そして 「 毎年違う事をしたい 」 との意見から
焼きそば、手打ちうどん、手作りピザ、に続いて今年の企画は 「 飯盒炊飯 」

広場まつり 041 広場まつり 040
ちなみに、父の日と言ってもお父さんに感謝するより、仕事をしてもらうのが本来の目的
結構おいしいご飯が炊けました 「 さすが! お父さん 」

広場まつり 059 広場まつり 080
お母さん方には、おにぎりを作ってもらって、お好みの「 ふりかけおにぎり 」


そして極めつけ、すべてのイベントで行われるビンゴゲーム 
これが私は、なかなかビンゴしない、それも皆に知られてるくらい毎回 

有難いのは、遅いか早いか 全員が当たるようになってる
広場まつり 091 広場まつり 105
恥ずかしながら大好物のアニメ 「 ワンピース 」 
                    そのキャラクター「 チョッパー 」の袋 GET
じゃなくて景品は中身だが、たしか「 シャーペンとクリアーファイル 」 だったような・・・

いやいや何より、雨降らなかったのが一番の景品、本当に 「 ありがたかった


別窓 | ボランティア・区内時事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  177

蓮池太鼓橋 完成

6月11日 塗装工事完了
つまり全工事完了、梅雨に入って焦ったけど、なんとか・・・

最終仕上げの作業は・・・通路の白木保護塗装
前以て白木部分を磨いて、養生していたけれど・・・

その磨きが大変・・・・チョットさかのぼって・・・
太鼓橋塗装 太鼓橋塗装 (1)
大工さんの高欄取り付けが終了したのは、5月29日 
その日までは、まあまあの天気だったのが、午後から急激に下り坂で今にも降りそう
5時過ぎには、ぶっちゃける程の大雨

白木の状態でそんな雨に当たれば、その後2~3日天気が続かないと塗装出来なくなる
「 とにかく雨降るまでに1回塗装を済ませたい 」 と、必死で塗ったのが
養生をしていない白木部分にまで、赤い塗料が点々と・・・

吟味した塗料、幸か不幸か、サンダーで擦ってもなかなか取れない
それに、大工さんが付けた鉛筆の線、コレも結構手強い
ほぼ1日かかって、やっと終了
太鼓橋塗装 (2) 太鼓橋塗装 (3)
これで通路を養生して、赤の上塗りを2回・3回と重ねる

太鼓橋塗装 (4) 太鼓橋塗装 (5)
ここまでバリケードしても、くぐって橋を渡る一般の人の足跡や、足場解体した時、単管に付いてくる、池底のヘドロ・・・多分、養生の中まで入ってる
養生取ったら、また磨くしかないか・・・赤い所も拭いて、と

太鼓橋塗装 (6) 太鼓橋塗装 (7)
屋外の白木塗装には、これが一番   キシラデコールやすらぎ

1回塗り途中                    塗りあがり
太鼓橋塗装 (8) 太鼓橋塗装 (9)

最初は塗る予定のなかった擬宝珠も塗装する事に・・・やっぱり
太鼓橋塗装 (10) 太鼓橋塗装 (11)

これで完成、あとは6月20日の落慶式を待つだけ

太鼓橋塗装 (13) 太鼓橋塗装 (12)
  この美しい姿が、いつまでも続きますように・・・「 南無大師遍照金剛 」



別窓 | 太鼓橋塗装工事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  176

弁柄塗装

太鼓橋の工事は順調に進み今日、両詰の敷石工事も終了したとの連絡

残すは、道板中央の歩行面に白木保護塗装を施すのみ
つまり、私の仕事だけである・・・しかし天気がどうなる
6月20日には落慶式が決定しているので、なんとしても!来週中に仕上げなくてはならない・・・と、現在はそんな状況

その途中、ご依頼頂いた紅殻(弁柄)塗装
あの現在建築中の中門に施される塗装 「 丹塗り 」 と同様、社寺建築などの木部塗装でよく使われる、鉱物を利用した伝統的な塗装

あるお寺の御社
高野の宮大工さんが、一部を修繕し全体を塗装する事に
「 紅殻で 」 と言う御住職のご依頼
紅殻塗装 006 紅殻塗装 001

取り寄せたのは、「 中留の紅殻
酸化鉄や定着剤(ガゼイン糊)等がすでに調合されていて水を加えるだけで塗装できる
ちなみに・・・
中門では、色々複雑な状況や条件があるため、使用する材料もまだ決まっていないらしい、木部塗装は困難をきわめる
紅殻塗装 016 紅殻塗装 017

約4倍の水を加えよく混ぜ、1時間ほど置いて定着剤が完全に溶けるのを待つ

紅殻塗装 018 紅殻塗装 019


ケレン・清掃作業で表面処理
水垢・苔は落ちにくいし、御社は狭い部分が多く手が入らないし、古い為力を入れたら壊れそうだし、おまけに古い紅殻が粉になって飛散するので、耳穴も鼻穴も真っ赤・・・もう大変
紅殻塗装 008 紅殻塗装 003

ケレンさえ終われば、紅殻を塗り、乾いては塗り重ねるのみ
紅殻塗装 023 紅殻塗装 020 

2ヶ所の御社を1日で何とか終了、御住職にも 「 良い色です 」 とお褒めの御言葉を頂いた
紅殻塗装 032 紅殻塗装 031 
新設の方が明るく・・・と言うより、古い方が旧塗装の色が出て黒っぽくなったのは、仕方ないか 

----------------------------------------------
伊都郡・橋本市・高野町・かつらぎ町・紀ノ川市の塗装はお任せ下さい。

局所的な塗装から大規模な塗り替えまで。【見積もり無料ご相談おうけいたします。】

TEL:0736-22-6633
FAX:0736-22-6633
Mail: hiromitosou@gmail.com

ホームページはこちら↓
http://www.hiromi-tosou.com/

町の塗装屋さん 「廣美塗装」
別窓 | 仕事中 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  175

太鼓橋 ほぼ完成

木工事6月末・塗装工事7月末の工期を大幅に短縮して、もうすぐ完成予定

宮大工さんが自宅のある和泉市で、3月から加工を始め
5月20日過ぎに高野山伽藍で架け替え着工、それから10日余り

梅雨に向かって、天気も段々悪くなっていく
「 白木の状態で雨に濡れたら、水分を含んで当分は塗装出来なくなる 」
その想いで、追い込み時には応援職人にも来てもらって・・・

荘厳塗装 荘厳塗装 (1)
中央ペイント寺社仏閣用塗料「 荘厳 」で朱塗り
日本ペイントとは仕様が違い、下塗り・中塗り・上塗りを同じ材料で行う
割れや組み込み部分からの入水を防ぐ為、エポキシパテとシール

荘厳塗装 (2) 荘厳塗装 (3)
乾いたら、パテの不足を補いペーパー処理をして重ね塗りを繰り返す

荘厳塗装 (5) 荘厳塗装 (4)
     最終上塗り作業             左の高欄3回塗り、右は2回塗り

通路真ん中、黒い所は表面を磨いて現在養生中
滑り防止の為、前の橋は無塗装だったけど、それでは腐りやすい
という事で、今回は白木保護塗料を塗る、コレがまた大変・・・(次回の記事で)

荘厳塗装 (6) 木口黄色塗装

塗装終了 (2) 塗装終了 (4)
木口を黄色に塗装して、色物塗装は終了    6月6日に足場解体予定

後は「 擬宝珠 」や「 笹金物 」を取り付け、橋の両詰に踏み石を敷けば
道板中央の養生撤去、白木保護塗装で完工となる
「 青葉まつり 」に合わせて「 渡り初め 」をするのか? もうちょっと先にするのか?

柵新設 鯉
現在大工さんは、撤去した柵の新設工事中 
ヒバ材で作った柵は塗装しないので、棟梁の奥さんが綺麗に水拭
     合間に池の鯉にパンの耳をやれば・・・・・・・・・・・ピラニア状態 
                 右上の鯉・・・溺れてるみたいに見えるけど!
この池、蓮は無いけど鯉は、いっぱい・・・良しか悪しか


別窓 | 太鼓橋塗装工事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 廣美塗装日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。