廣美塗装日記

半分外れた「塗装日記」、ひび感じた徒然を、"ざっくばらん"に書き綴ります。
No  174

太鼓橋工事順調

太鼓橋 組み込み終了 
蓮池 013

前もって裏面を黒で仕上げた、道板を敷き詰め
大工工事 (4) 蓮池 008
出来るだけ無塗装の部分を少なくする為、高欄の取り付け位置を1回だけ朱塗り
木口の下塗りやパテ処理している間に・・・

蓮池 003 蓮池 004
大工さんは高欄の組み込み、縦組・横組を同時に慣れた手つきで・・・お見事 
まるで図ったみたい・・・ ( しつこい  か? )


蓮池 012
大工さんは、細かい調整作業を残して橋の工事は、ほぼ終了

後は、塗装完了を待って、金物の取り付けと・・・
  「 ペンキ屋さん!たのんまっせぇ~ 」   「 任せときぃ~



・・・・・余談ですが・・・・

今、現場で「 えらい年期の入っとるなぁ 」 と、話題にされてるこの弁当箱
弁当箱 002

考えてみると、空海入定1150年法要前にビルマ塔の塗装してる時、親父が購入したもので
それ以来、私が愛用している・・・今は開創1200年に向けて準備しているけど
入定1150年って・・・何年前だったかなぁ~30?・・・とにかく古い 


 
別窓 | 太鼓橋塗装工事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  173

太鼓橋架け替え

いよいよ、橋の架け替え工事が始まった 

和泉市で仮組・塗装した橋桁と道板をトレーラーで運んできて
旧橋を解体し、架け替えて解体部材を持帰る・・・が、今日の工務店の予定

私も今後の工程打合せの為、立ち会う事に・・・やっぱり
見てるだけでは申し訳ないので、ちょっとお手伝いも 

旧橋解体 旧橋解体 (1)
欄干も道板もチェーンソーでメッタ斬り    


旧橋解体 (2) 旧橋解体 (3)
外見からの想像以上に、内部はボロボロ・・・参拝の皆さん、よくご無事で 


新橋桁据付 新橋桁据付 (1)
工事するには、狭いスペースに高い木や電線 レッカーの運転手も大変


新橋桁据付 (2) 新橋桁据付 (3)
「 図ったようにピッタリ納まった 」・・・って 「 当然図っとるわぁ 」って怒られるか


あのぅ・・・ところで今日、手伝うだけで来た訳では・・・
もしかしたら道板を何処かに積み上げてもらって、側面をちょっとでも塗れるかと
期待してたんだけど・・・

思わぬアクシデントや想定外の工事もあって、橋桁設置までで本日は終了と
塗装は明日以降に・・・組み上がったら急がされるのは予想できるけど  


-----------------------------------------------
伊都郡・橋本市・高野町・かつらぎ町・紀ノ川市の塗装はお任せ下さい。

局所的な塗装から大規模な塗り替えまで。【見積もり無料ご相談おうけいたします。】

TEL:0736-22-6633
FAX:0736-22-6633
Mail: hiromitosou@gmail.com

ホームページはこちら↓
http://www.hiromi-tosou.com/

町の塗装屋さん 「廣美塗装」
別窓 | 太鼓橋塗装工事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  172

ひまわり畑の準備

本日の作業、菜の花の撤去  

予定では耕して、畝作りマルチ敷きまでだったが
トラクターを操る会長の本業の方が忙しい為、短縮

菜の花伐採 菜の花伐採 (1)
  群生状態の菜の花( からし菜 ) 去年、あんな撒き方したからぁ~

 最初は手で引き抜いていたが、去年のように簡単にはいかない
菜の花伐採 (2) 菜の花伐採 (3)
 根が深いのか?土が乾いてるからか?
「 コレじゃ何時までかかるか分らんで 」という事で・・・会長に電話
「 草刈機でバッサリ行き、根っこは耕した時に撤収する 」で承諾を頂いた

菜の花伐採 (4) 菜の花伐採 (5)
処分する為、軽トラックでピストン輸送、延べ12~3台は運んだかな?

朝7時前から着手して9時頃に終了  

耕すのは、今週中の会長に時間ができた時、夕方にでも・・・



別窓 | ボランティア・区内時事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  171

種まきと土作り

村おこしの会・休耕田活用班 ( 花作り班 ) ひまわりの種まき
集合時間:8:30・・・のはず

チョット早いが、準備もあるだろうし班長ぐらいは来てるだろうと
8:00に作業場へ行ったら、すでに数人で作業が始まっている
私ですら遅いくらいの扱い、この後の来た人はまるで遅刻したみたい

だったら、最初から集合8:00にしとけよ

種まき120513 (10) 種まき120513 (3)
もう3年目ともなれば慣れたもんで、それぞれが手際良く作業をこなす

それに今回、区長の 「 みんな出て来い!」 があったのだろう
ほとんどの町内会長も参加で30人を超えていたかも
結局終了した時間は、集合時間の3分後 8:33 「 なんじゃこりゃぁ 」

種を植えたトレーを各自持帰り苗を育て、6月3日に畑に植え込む
その前に、来週は菜の花を刈り取り、耕して畝を作りマルチ敷きまで
主要な有志でと・・・私も別班長だけど・・・「 喜んでぇ~ 」


今日は、コレに引き続き  

育成会で 「 リベンジ肥料袋でさつま芋 」 の土作りをする予定にしていた

種まき終了が9時過ぎると予想していたので、手伝いの保護者さんには集合9:30と伝えてあった
空き時間が1時間近くある、今さら早める訳にもいかないし、自宅に帰るのも中途半端
なんだかんだで時間を潰したが、結局こちらも少し早めに作業開始

土作り120513 (7) 土作り120513 (6)

またまた村おこしの会会長にお願いして、畑から土を頂き肥料と石灰を混ぜる
昨年同様40袋、袋の底には小さな穴を十数個空けて、軽トラックに積み児童館まで

皆さん一生懸命に作業してくれたお陰で、1時間程で終了

土作り120513 (11) 土作り120513 (14)
今回は日当たりの良い広場北側に  
                      子ども会有志のお父さん方ご苦労さまでした

今月23日に子ども達を集め、サツマイモの苗を植えてもらう予定

今年こそは、水遣り・消毒等 みんなで協力して納得のできる収穫を・・・
成功しても、失敗しても ・・・ 今回限り 

-----------------------------------------------
別窓 | ボランティア・区内時事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  170

若いから だけでは出来ない!

5月9日(水)天気は朝から雨 
太鼓橋架け替え用の足場を組む予定の日である
和泉の工務店からは 「 雨だから中止します 」 との連絡はなかった

本当に来るのか? 半信半疑のまま、高野山まで向かう途中
数台前に単管 (足場部材) を積んだトラックが見える・・・
予定の時間よりは早いし、「 アレは違うだろう 」 と思っていたら、
蓮池の前で左折の合図、一般車両が入れない所に入るのは・・・やっぱり来たの!

棟梁夫妻と職人4人・・・早々雨カッパを着こんでやる気十分 

「 こんな事もあろうか 」 と、一応用意してきたカッパと長靴
 役に立ったのは・・・幸か不幸か  

足場 足場 (1)

降りしきる雨の中、早速仕事を始める、若い職人たち
問題は、水上にどうやって足場を組むのか・・・
考えてたのは、五十半ばの私だけ 

彼らは梯子を使って、ためらうこと無く 水の中  (やっぱり水深3mはありました)

膝まで浸かる奴、腰まで浸かる奴・・・結局全身浸かってしまった奴
雨カッパは何の為・・・ビックリするやら、感心するやら

しかし雨の高野山、5月と言えど気温は低い
「 身体が震える、心臓が踊る 」・・・チョット気の毒
高血圧の私が入れば・・・橋の上から部材を渡す係りで 「 ゴメンくさい 」

昼食時に着替えて、濡れた服はコインランドリーまで案内・・・乾燥機

午後からも濡れる覚悟の彼らに、雨の神も負けたのか
いつの間にか暖かい陽射しが・・・ 
そこからの動きの良さで作業が捗り、思ったより早い時間に終了

「 仕事してる間雨降って、終わる頃に晴れるんかい 」と嫌味も飛び交うほど・・・

  若い皆さん  よく頑張りました 「 ごくろうさま !」 

       足場 (2)


11日に予定していた新橋の搬入と架け替えは都合で変更・・・
22日に決定したらしい

-----------------------------------------------
伊都郡・橋本市・高野町・かつらぎ町・紀ノ川市の塗装はお任せ下さい。

局所的な塗装から大規模な塗り替えまで。【見積もり無料ご相談おうけいたします。】

TEL:0736-22-6633
FAX:0736-22-6633
Mail: hiromitosou@gmail.com

ホームページはこちら↓
http://www.hiromi-tosou.com/

町の塗装屋さん 「廣美塗装」
別窓 | 太鼓橋塗装工事 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  169

フッ素セラミック樹脂塗装

橋の裏側は黒色で塗装するが、池上に設置してからでは塗装出来ない箇所が有る為、仮組みの段階で塗装

橋桁 橋桁 (1)
  先日施したパテをサンダーで均して  木部用の下塗りウレタン塗装

橋桁 (2) 橋桁 (3)
  ニッペ フッ素セラミック塗料の黒3分艶で上塗り

道板の裏面塗装は
道板裏面 道板裏面 (1)
節止めと下塗りをした後、屋根下へ・・・仕上がって乾燥した橋桁の上に並べる
形的には太鼓橋の出来上がり

道板裏面 (2) 道板裏面 (3)
同じように上塗りをして、とりあえず完了・・・あとは設置後、上側は赤塗装


棟梁の話では・・・
コレを土台毎に4分割してトレーラーで高野山まで運び、池面に足場を組み既存の橋を撤去後、設置する予定・・・とか
無事納まる事を願うばかり・・・です

連休明けに予定している足場組をお手伝いするつもりだけど、水上にどうやって組む、お心算だろう
聞く話では水深3mくらいあるとか・・・ボートでも浮かべる

-----------------------------------------------
別窓 | 太鼓橋塗装工事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 廣美塗装日記 |