廣美塗装日記

半分外れた「塗装日記」、ひび感じた徒然を、"ざっくばらん"に書き綴ります。
No  26

私だけ~。

酔っ払いみたいに、千鳥足で、のろのろの台風が過ぎたと思いきや、一日おいて今度は雷雨・・・・。
やっとこの数日、晴天に恵まれ、あの屋根の塗装、終了しました。

屋根塗装0808 015  屋根塗装0808 016


執事さんに「終わりました、有難うございました」と挨拶したら
「ご苦労さんでした、そしたら続いてこの屋根も」と追加工事を頂きました。

もう少し、このお寺とお付き合い出来そうです。(山登りは続くのです・・・。)

それはそうと天気ですが、今年の夏は例年と違うような気がするのは・・・。(私だけ~)

通常は、かんかん照りで猛暑の後、3時・4時くらいから数分の夕立で涼しくなる。
これが夏のイメージですが・・・・

今年は、昼からのゲリラ豪雨や、梅雨のような不安定な日々、これといった台風も少なく、いつの間にか秋の気配が・・・

それに、以前から記事にしているように、和歌山周辺の海では、お盆から、いまだに太刀魚が爆釣・・・・・て。
(本来、これからがシーズンのはず)

海水の温度か、何かの変化で、太刀魚やはまちの餌の小魚、その餌のプランクトンが異常に多くなったとか・・・・?学者じゃ無いので詳しくは解らないけど・・・・。

とにかく、こんな年はあまり経験した事が無いような気がする。

もしかして、天災が起こる予兆かも・・・・と思うのは私だけ~。


-------------------------------------------------------
伊都郡・橋本市・高野町・かつらぎ町・紀ノ川市の塗装はお任せ下さい。
局所的な塗装から大規模な塗り替えまで。
【見積もり無料ご相談おうけいたします。】

TEL:0736-22-6633
FAX:0736-22-6633
Mail:info@hiromi-tosou.com

ホームページはこちら↓
http://www.hiromi-tosou.com/

町の塗装屋さん「廣美塗装」

別窓 | 仕事中 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  25

屋根進行状況

 以前の記事「またまた屋根~」の進行状況。

 今日やっと錆止め塗装が終了しました。
屋根塗装0809010  屋根塗装0809 011

 錆落とし清掃→水拭き→錆止め塗装、と順調に進んでいた、錆止めを塗りかけた頃は、晴天で気温も高く、あのすり鉢状の屋根を塗装する時は、鉄板の熱と、踏ん張る力で、足の裏がヒリヒリするほどの痛み、やけどもするほどだった。

 それが2~3日前から台風の影響で、またまた、降ったり、止んだりの日々。

 その合間を縫う様にして、何とかここまで・・・・後は上塗り塗装。

 この先もしばらく、こんな日が続くみたい・・・のろのろ台風が一日も早く通り過ぎるのを待つしか無さそう。

-------------------------------------------------------
伊都郡・橋本市・高野町・かつらぎ町・紀ノ川市の塗装はお任せ下さい。
局所的な塗装から大規模な塗り替えまで。
【見積もり無料ご相談おうけいたします。】

TEL:0736-22-6633
FAX:0736-22-6633
Mail:info@hiromi-tosou.com

ホームページはこちら↓
http://www.hiromi-tosou.com/

町の塗装屋さん「廣美塗装」


別窓 | 屋根の塗装 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  24

柿の色が・・・レッド???

昨日、いつもの酒屋で飲んでると、友人から「あの柿の色の貨車の看板がおかしい」と云われた。

今日は高野山の帰りの見に行ったところ・・・・・・レッドトレイン!・・・・・・
何考えとん!?
柿の色貨車 001  柿の色貨車 003


あれだけ、苦労して柿の色にしたのに、 赤列車 とは・・・・

そりゃ、あの色見て、「赤」と云う人は結構居てると思う、私もあの色の車を見たら、おそらく「赤い車」と云うだろう・・・・。

しかし、この色を決めるとき、「柿やみかんをイメージした」と云うとったのに・・・・
赤い果物で、柿やみかんをイメージする人はそんなに、多くは居無いと思う。

他人の所有物で、どんな命名しようが、とやかく云える立場に無いのは分っているが、あれを塗ったペンキ屋としては、違う色の名前だけは納得いかない!!

それに、友人が云うには「車で走行中に見たら レッドトイレ に見える」・・・確かに・・・・

横に置いてある簡易トイレ(左に白いやつ)が目立つだけに、余計そう思う。

まぁ、これについては、トイレと間違えて来た人にも商売が成り立つかも知れないから・・・?

グッドアイデア?としておこう・・・・何と云っても施主さんの考えだから???






別窓 | 仕事中 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  22

どう表現する?

 前記事の三方お山に囲まれたお寺に、四方屋根に囲まれた所がある・・・・
 
 変わっているから携帯写真に収めた。
  携帯カメラ 012    携帯カメラ 010
 真ん中にある小屋の様なのは、ポリの波板で作られているから、明り取りだと思う。
 その下は・・・どうなっている?
 
 これだと降った雨は全部そこに集中する。 
 どこかの国で屋根をこんな風にして、雨水を溜めているのをテレビで見たことがあるが、それとは違い、たぶん建て増しの都合だと思う。

この写真で記事を書こうとした時、変なことで悩んでしまった。
 このような形を一言でどう表現するのだろう?
 
 円形だったら「すり鉢状」って云うけど四角だし・・・(四角じゃゴマが擦りにくい)
 逆台形を4つ並べたの・・・?四角錐の先を飛ばして逆さにしたの・・・?
 いろいろ考えていたら寝れないので、とりあえず「すり鉢状」

 ここがまた暑い!不安定だった天気も昨日から晴天になり、直射日光と、暖められた鉄板の反射熱で、まるで中華鍋の中みたい。(この表現も今一か?)
 
 しかも、勾配がきつい為・・・滑る・・・滑る。
 錆落としで、ちょっと動けばズルズル・・・這い上がってちょっと動けばズルズル。
まるで蟻地獄!(これはどうだ!) 
 
 この滑る原因が、錆の粉と古い塗料の風化した粉(チョーキング)
 これを取らないと、塗装してもすぐ剥げる・・・だから水拭き。

 高圧洗浄なら簡単だけど・・・洗浄機を担いで山を登る根性も、水の有る所からそこまで届くホースも無い。
 それに、ただでさえ滑るのに洗浄で水をかけたら、おそらく立ってられない。
 そのすべてをクリアーする為に費やす時間で、たぶん半分以上は水拭き出来る。

 結局、手作業! 

 「文明の力」の有難さが、しみじみ分る、今日この頃・・・・。



 

別窓 | 屋根の塗装 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  21

またまた屋根~

 昨日から、また違うお寺の屋根塗装に来ています。
 どう云う分けか、昨年から屋根の塗装をさせて頂くことが多くなりました。
  (有り難いことです!)
 
 今回のお寺は正面から見ると、すべて銅板で葺かれていて、いったい何処を塗装するのかと思っていたら、裏に廻ると鉄板の所が有るとの事、見積の時には中廊下を通って裏に出たけれど、工事の時はさすがに、中は通れない。
 
 ところが、外を廻るとなると、これが大変!
 
 何故なら、このお寺正面以外はすべてお山。
 一度、山に登って裏に回りそこから降りると裏庭に出る、そして屋根に上る・・・
  携帯カメラ 009    携帯カメラ 008


 これを、錆落とし、水拭き、錆止め塗装、上塗り・・と、すべての工程が終わるまで続ける。
 もちろん、塗料も道具もこの道を通って運ぶことになる。

 近頃の工事は車横付けで、資材は重機で運搬する、作業のほとんどが機械作業・・・・と云う時代。
 
 昔の人は、こんな風にして大きな建物も建てていた、そのなごりは高野山にはたくさん残っていることだろう。

 このお寺の塗装も1ヶ月くらいかかりそう・・・

-------------------------------------------------------
伊都郡・橋本市・高野町・かつらぎ町・紀ノ川市の塗装はお任せ下さい。
局所的な塗装から大規模な塗り替えまで。
【見積もり無料ご相談おうけいたします。】

TEL:0736-22-6633
FAX:0736-22-6633
Mail:info@hiromi-tosou.com

ホームページはこちら↓
http://www.hiromi-tosou.com/

町の塗装屋さん「廣美塗装」



別窓 | 屋根の塗装 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  20

ついに・・・

 金曜日に続き、昨日(土曜日)も天気は下り坂、何時雨が降るか分らない状況で現場に行き、前日流された部分の補修と掃除だけで帰ってきた。(同じ失敗はしたくない)

 それで午後あの釣り好きのおっちゃんとその甥(と言ってもう白髪のおっちゃん)を誘い私も、ついに・・・久しぶりの釣りに出かけた。(あれだけ釣れるなら行ってみたかった)

 もともと、今の太刀魚釣り(引き釣りとかケンケンとか言う)は私が二人に教えた、言わば師匠!一度もそう呼ばれたことはないが・・・
「弟子に負ける訳には行かない」と心の中で意気込んでいたが、何事も入れ込んだ時には裏目にでるもの。

 最初は鰯が釣れそのうちに鯵そして太刀魚と・・どれも先行するものの結局、数もサイズもすべて負け。
挙句「たまに来て、しょっちゅう(何度も)来とるもん(者)に勝てるわけ無いやろ!」と言われる始末・・情けない

つり公園 001 つり公園 004


 ここから、書きにくいので二人を紹介します、写真左おっちゃんは(こいではん)・・・右 甥は(たもっちゃん)いつもちょっと飲むところの主人・・・・・・・・・・お二人には了解とらずに、スンマセン

(こいではん)は鯵が4~50匹、鰯は数えるのが面倒なくらい、太刀魚9匹。

(たもっちゃん)は鯵も鰯も面倒で数えてない、太刀魚12匹半、中には全長90cmの大物も。この日の竿頭!

 私は鰯はそこそこ、鯵は2匹(途中で仕掛けが切れて後はやめ~)太刀魚4匹半と・・・完敗

 ちなみに半とあるが、それは掛かってから引き上げるまでに何者かに半分喰われてしまった(もしかしてサメ?・・・誰かが言ってた「居るらしい」と)
つり公園 013 つり公園 014
   
 まあ、二人は釣るだけで料理は、ほとんどしない。それに引き換え私はすべて料理するから、「その手間も考えて控え気味に」と・・・負け惜しみ。
 この次は負けるかあ~


それから仕事の話

今日(日曜日)今のお寺の屋根、ついに・・・すべて終了しました。


別窓 | ちょっとした事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  19

雨には・・・負ける・・・

 圓通寺(真別処)・金剛峯寺に続き、今もあるお寺の屋根の塗装をしています。
 とにかく、高野のお寺は1棟が大きい上に何棟もあり1軒終わるのに相当日数がかかる。

 今のお寺もひと月ちかくになります、今回はただ大きいだけでなく天気に悩まされる事が大きい。
 かかり始めた頃は天気が良かったものの、突然のにわか雨や雷雨。
 最近はまるで梅雨時期のように不安定で毎日のように短時間だけど雨が降る。
 それでも、このお寺も「今日で終わり」というところまで来ていたのに、午後から雨が。

 今日はコールタールの塗装、午前中には陽射しもあり半分以上進んで早めに終われそうだった。
 弁当を食べて仕事にかかろうとした時に・・・ポツリ・・・急に鉛色の雲が出てきてポツリがにパラパラそしてザーザー雨に。
 すでに塗装した所も少々流されぎみに・・・天気予報は下り坂で回復する見込みはないから退散するしかない、あと少しだったのに。

コールタール:
 高野山は寒冷地のため瓦などは使われずほとんどが銅板かトタンで葺かれている、トタン屋根の場合、昔はコールタール塗装が主流。
 コストが安い、施工が容易い・そのわりに防錆効果が高いのが長所。
 しかし、匂いが強い・塗装中に発生したガスを吸い込む・日光の下では流れる・2年程度しかもたない等の理由で最近はあまり使われなくなった。
 他に良質のトタン専用ペイントがたくさん出回っていることもある。
 只、すでにコールタールを塗っている所は他の塗装が出来ないため、古い建物の多い高野山では今もコールタール塗装もよくある。

屋根の塗装アドバイス
 屋根の塗料は葺かれている屋根の素材や状態などで適合する塗料が様々、又、上塗り下塗りとも多種多様の塗料が販売されています。
 どれを選択するかが難しく間違えると後々大きな支障をきたします。

 
 それから、話は全然変わりますが前回記事のおっちゃん、又昨日も行ったそうです。釣果は?

-------------------------------------------------------
伊都郡・橋本市・高野町・かつらぎ町・紀ノ川市の塗装はお任せ下さい。
局所的な塗装から大規模な塗り替えまで。
【見積もり無料ご相談おうけいたします。】

TEL:0736-22-6633
FAX:0736-22-6633
Mail:info@hiromi-tosou.com

ホームページはこちら↓
http://www.hiromi-tosou.com/

町の塗装屋さん「廣美塗装」

別窓 | 屋根の塗装 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  18

おっちゃん、行くとなったら毎日

携帯カメラ 007 携帯カメラ 006

 仕事終わってから、チョット一杯飲んでいるところがある。(どんな所かはまたいずれ・・・)
そこには釣りの好きな人が何人か居て、たまに釣りたての魚や烏賊を口にすることができる。
(但し、獲物はそのまま置いてあって自分で調理・・・と言うのがほとんど)

今回の収穫は太刀魚。
太刀魚は何年も前からよく釣っていたが、最近はあまり行くことが無かった、それがここ数日通い続けてるい人が居る。

今日は10匹、昨日は7匹、おととい7匹と、得意げに話している。これが釣果として多いか少ないかは別として、和歌山北港の釣り公園では時間の関係上これだけ釣れれば上出来。
普通は日暮れから半夜、夜釣りでするところ、釣り公園は夜8:30に閉門するため時間がほとんど無い(釣れた時間は1時間以内らしい)
サイズも指わかさねて3本分から4本分でまあまあ。

早速調理、私が出来る料理といえば、刺身・から揚げ・湯引きくらい、今回は一番手間のかからない湯引きをすることに。

まず5枚におろして(普通3枚だが太刀魚のように薄い魚は背骨を中心に観音開き)切り身を熱湯に数秒、氷水でしめて、あとはミツカン味ポンとネギをかけて出来上がり。

酒の肴に最高!携帯カメラ 005



別窓 | ちょっとした事 | コメント:0
∧top | under∨
| 廣美塗装日記 |